2021年11月8日

Hexabaseによるシステム開発の比較

カテゴリー:,

Hexabaseは、企業システムの開発に利用できるエンタープライズBaaS(Backend as a Service)です。Webアプリケーション開発に活用できる高品質なバックエンドを、クラウド上のローコード開発・実行環境として提供します。

では、Hexabaseによる開発は、通常の開発と比較して、具体的に何が違うのでしょうか。

Hexabaseの特徴

システム構成で比較する

現在、もっとも一般的なシステム構成は、Web開発フレームワークによるMVC構成でしょう。

さらに最近では、スマホライクな操作性を実現するため、フロントエンド開発フレームワークによるSPA(Single Page Application)の採用が進んでいます。このシステム構成は、基本的にWeb開発フレームワークと同じですが、SPAなフロントエンドからAPI経由でバックエンドを呼び出すところが違っています。

Hexabaseは、SPA + APIなシステム構成に対応したバックエンドクラウドサービスです。クラウドファーストな企業システムを高効率で開発できる、バックエンドクラウドサービスになっています。

ローコード開発・実行環境上に、共通コンポーネントを提供

Hexabaseは、企業システムで必要となるRDB・ユーザー管理・アクセス制御・ログ管理といった共通コンポーネントを提供します。これにより、システム開発を効率化し、開発期間の短縮を実現します。

Hexabaseの共通コンポーネント

Hexabaseのデータベース

Hexabaseは、複数のNoSQLデータべースを統合して、RDBMSライクな独自のデータストレージを実現しています。このおかげで、従来のDB設計技術を活かしながら、データベースのボトルネックを解消します。

Hexabaseによる外部API連携

Hexabaseは、外部APIとの連携機能を標準装備しており、容易に外部システムと連携可能です。たとえば、SaaSとのAPi連携で、決済・帳票・メール送信といった外部クラウドサービスを利用できます。また、システム開発会社が持つ独自ソリューションを最小限の改修で拡張したり、お客様の既存システムと連携することが可能です。

Hexabaseによるマルチテナント構成

Hexabaseは、充実したユーザー管理/アクセス制御機能により、容易にマルチテナント構成を取ることができます。実行環境をテナントとして分割することで、お客様ごとに安全な環境を提供します。

セキュリティ対応

Hexabaseは、高度なセキュリティ対応をクラウド環境上で提供します。システム開発会社によるインフラの運用・保守の手間を大きく減らしながら、高い信頼性を確保できます。

実装する機能の比較

Hexabaseは、このような特徴的な機能を持つことから、通常のWeb開発フレームワークやSPA+API構成と比較して、高い信頼性を持ちながら、バックエンド開発・運用にかかる手間を大きく減らすことができます。

Hexabaseの機能を利用した例

Hexabaseは、すでに、多くの企業システムで、バックエンドの共通化を実現してきました。システム開発サイドでは、これらの開発と運用のコストや工数・期間を最小限に抑えることができます。

開発プロセスで比較する

Hexabaseがあらかじめ用意している機能を活用することで、開発プロセスの面でも、コストや工数・期間を最小限に抑えることができます。

Hexabaseによる開発工数/コストの試算

20機能程度の中規模なシステム開発で、開発期間を9人月、開発コストを60%削減できます。

開発体制で比較する

Hexabaseがあらかじめ用意している機能を活用することで、その機能を開発・運用するエンジニアを削減でき、よりお客様にとって価値のある開発に集中できます。

開発体制の例

まとめ

Hexabaseは、クラウドファーストな企業システムを高効率で開発できる、バックエンドクラウドサービスです。

従来のシステム開発と比較して、開発と運用のコストや工数・期間を最小限に抑えることができます。開発・運用するエンジニアも削減でき、よりお客様にとって価値のある開発に集中できます。

それによって、システム開発会社の競争力を高めます。

ぜひ、Hexabaseの活用をご検討ください。

参考になる資料

Hexabaseの利用方法は、下記のドキュメントをご覧ください。

_

また、無料のトライアル申し込みを承っております。

ぜひ、Hexabaseのご利用をご検討ください。

役に立ったら、記事をシェアしてください

最新のコラム